屋久島@深山園 屋久島粉末緑茶 一番茶使用 無農薬 (100g×1袋)

日本茶

屋久島@深山園 屋久島粉末緑茶 一番茶使用 無農薬 (100g×1袋)

屋久島@深山園 屋久島粉末緑茶 一番茶使用 無農薬 (100g×1袋)説明

粉末緑茶の喫飲は100%茶葉を体内に摂取するという非常に理に適った飲み方でありますが、お茶とともに100%摂取された残留農薬は永年にわたり体内に蓄積され、原因不明の健康被害の一因とも言われております。原料の茶葉は自然のままのお茶でなければなりませんので、有機JAS認定屋久島大崎農場では有機JASで使用が認められている農薬・化学肥料も一切使用することなく、飛散農薬ゼロの大自然の中で自然由来の方法で栽培しております。蜘蛛の巣もカマキリもお茶作りの一翼を担っております。念のために毎年実施しております「つくば分析センター」の残留農薬検査結果では主要農薬成分200項目において全て“ 検出せず(ゼロ) ”ですので安心してお召し上がりください。【 参考 】 国で定められている残留農薬基準値は急須で飲むお茶が前提の基準値であり、茶葉を100%体内に取り込む粉末緑茶には次元の全く違う基準値、残留農薬ゼロが求められております。ご関心がおありでしたら『日本茶の残留農薬基準値は、一般的な農作物と比べて数百倍』もしくは『飲む農薬』で検索してください。自然のまま育てた茶葉です。寒冷紗(黒い遮光ネット)を掛けることによって渋みは抑えられ茶葉の色も良くなりますが、日光は遮られ渋みの成分であるカテキンの生成は妨げられますのであえて使用しておりません。茶葉の色が良くなり旨みが増す窒素系化学肥料等も一切使用しておりませんので、水色(すいしょく)は鮮やかな緑色には出ず、味は自然のままのカテキン豊富なやや渋めです。粉末緑茶の宿命であるダマを避けるために、やや粗めに粉砕しておりますので抹茶のようには溶けません。屋久島は古代より連綿と続く大自然の歴史の中に人が共生しているという、世界でも稀な生態系を持つ島として世界自然遺産に登録されました。 屋久島のお茶作りも人と草と虫との共生であります。年によって虫の食害による甚大な被害を蒙ることもありますが、適度な食害はかえって茶葉のカテキンを増やし、紅茶などの醗酵系のお茶には最適な環境にもなっております。(参照:”屋久島紅富貴紅茶” )大自然の不思議な摂理と、厳しいながらも恵まれた自然に育まれ、「化学物質過敏症」の方々にお飲み頂けていることも我々の励みになっております。 しばし喧騒の巷を離れ、この一服に屋久島の大自然をお楽しみ下さい。

パターン:無農薬一番茶粉末緑茶100g×1毎年、味・香り・形状・水色等が違いますが、ご容認ください。

屋久島@深山園 屋久島粉末緑茶 一番茶使用 無農薬 (100g×1袋)口コミ評価

この商品の6割くらいの値段で二番茶の商品が同じ生産者から発売されています。香りは確かにこの一番茶の方がわずかに抹茶っぽさが勝りますが、それでも本物の抹茶には程遠くドングリの背比べです。あと新茶は一般的に虫がつく前に収穫され農薬が少ないと言われますがこの生産者の場合一番でも二番でも農薬の心配は全く無いので、栄養価も二番茶が高い、そして安いとなればわざわざこの一番茶を買わなくていいなと思いました。ちなみに私はこの生産者の二番茶リピーターです。毎日飲んでいます。

私はお茶が好きであり、一日何度も飲みます。また、(農薬や大量の肥料の使用も含めて)手間隙かけて作られた、甘み、旨みの強い宇治茶が好みです。お茶の味は育て方や部位、加工によって味はかなり変わり、個人の好みもそれに合わせて多様だと思います。ネガティブな感想もありますが、個人的な嗜好をご考慮の上、参考にしていただけたら幸いです。自然栽培という事で、おそらく年や時期によって風味が変わるのではないかとおもいますが、苦みが強い印象です。濃い目で入れると、独特の香ばしさは増しますが、苦味が突出します。単純な飲みやすさでいうと、回転寿司なんかで置いてある粉茶とかの方が上、という印象でした。で、更にもっと濃く入れると、飲みにくいトクホのペット茶をより濃くした風味になります。程々がよさそうですね。でも逆に言うとカテキンなどのポリフェノールがその分たっぷり含まれていているということ。実際、何杯か飲むと、濃いお抹茶を頂いた後のように、頭がしゃきっとする感じがします。葉っぱまるごと摂取できるからってこともあると思うんですが、自然のままに育てられた事によって、茶の木も自分を守るため、良い成分を沢山生成するようになったのではないでしょうか。お茶をとにかくたくさん飲むので、安全というだけでなく健康にもよいものを探していましたが、これは当たりだと思いました。ところで、私はamazonで時にこうしたすばらしい商品に出会って、その効果を享受している身なのですが、文明にあまやかされすぎず、このお茶のように自然のままに生きたほうが、実は元気になるんでしょうか。なんか色々考えさせられます。

毎日飲んでます。好みの味になるまで試行錯誤を繰り返しましたが、私は200mlで小さじ半分だと、ほろ苦い感じで美味しく頂けます。ダマがたくさん出来ます、しばらくすると一部の粉が沈殿するので都度混ぜます、ちょっとメンドウ( ̄ー ̄)携帯ボトル買ってシャカシャカしようか考え中。

どんなものか、試しに買って見ました。粒の細かさは抹茶と同じで、茶筅で点ててみると少々泡立ち難いのと旨味より苦味が先に来ます。毎日抹茶のようにして飲んでいます。3袋セットなので、ちょっと多すぎるかと思ったのですが、2ヶ月足らずで2袋半使ってしまいました。使い切ったら即再注文します。

いつも2番茶ですが今回は1番茶です、はっきり言って美味い!夏なので水出ししました。今回何グラム入れるのか疑問だったので電話をしてお尋ねしましたが、親切に教えていただけました。gは基準であって皆様のお好みで飲んでいただければいいですね!0,5グラム×100CC 今回はハーブティーの専用容器に800CCです。計算上4グラムですが5グラム入れてみました。私はちょうどいいかと思います。飲みすぎには注意しましょう。カフェインが入っているので。朝昼晩食後口の中をすすぎながら飲んでいます。

屋久島@深山園 屋久島粉末緑茶 一番茶使用 無農薬 (100g×1袋)はこちら

タイトルとURLをコピーしました