北斎茶 抹茶 缶入り 2g×8袋

北斎茶 抹茶 缶入り 2g×8袋

北斎茶 抹茶 缶入り 2g×8袋説明

この商品について原材料:緑茶(京都府産)内容量:16g商品サイズ(高さx奥行x幅):10.3cm×6.6cm×6.6cm

商品紹介~北斎茶のおいしい淹れ方~■ティーバッグタイプ(1人分/1カップ)ティーバッグ: 1個お湯の量: 150-170 ml/ccお湯の温度: 約 100 ℃ ※熱湯の取り扱いには十分にご注意ください抽出時間(蒸らし時間): 約 2-2分半■スティックタイプ(抹茶)(1人分/1カップ)スティック: 1本お湯の量: 150 ml/ccお湯の温度: 約 80-90 ℃ ※熱湯の取り扱いには十分にご注意ください茶筅やマドラーなどで、よくかき混ぜてください。~ 北斎茶 Hokusai tea ~プレゼントやノベルティー(景品/粗品)におすすめ北斎の浮世絵缶入り日本茶ティーバッグ7種シリーズ「すみだ北斎美術館(Hokusai Museum)」のミュージアムショップでも販売されています。※東京都墨田区公認商品北斎の素晴らしい浮世絵とともに、日本茶の味や香りをお愉しみください。~ 葛飾北斎 ~当時の画家には珍しく、「お酒は飲まず、お茶を好んだ」、「食に関心は無いが、柚子が好きだった」といわれている北斎。葛飾北斎は、日本の江戸時代後期の浮世絵師です。代表作に、「富嶽三十六景」や、「北斎漫画」があり、世界的にも有名な画家です。1867年のパリ万博以降「ジャポニズム」が巻き起こり、これを機に北斎の知名度は一気に世界へと広がりました。この万博で多くの浮世絵が紹介され、その大胆な構図や明るい色彩は、従来のヨーロッパの絵画にはなかったものであり、ヨーロッパの芸術家たちに大きな影響を与え、印象派誕生のきっかけとなっています。北斎に影響を受けた画家には、ビンセント・ヴァン・ゴッホ(1853-1890) や エドガー・ドガ(1834-1917)などがいます。1999年にはアメリカの雑誌『ライフ』で「この1000年でもっとも偉大な業績を残した100人」として、日本人でただ一人選ばれています。日本では、2016年に北斎の偉業を称え、東京都墨田区に「すみだ北斎美術館(Hokusai Museum)」がオープンし、貴重なコレクションが数多く展示されています。原材料・成分緑茶(京都府産)使用方法1人分/1カップ= スティック: 1本、お湯の量: 150ml/cc、お湯の温度: 80-90℃、茶筅やマドラーなどで、よくかき混ぜてください。 ※熱湯の取り扱いには十分にご注意ください安全警告開封後はお早めにお召し上がりくださいご注意(免責)>必ずお読みください・本品は抹茶のスティックタイプです ・商品不備の無い限り、開封後の返品はお受けできかねます ・お客様都合での返品の場合、送料はお客様負担となります続きを見る

北斎茶 抹茶 缶入り 2g×8袋口コミ評価

あっさりした普通においしい抹茶です。容器は蓋が固いので開けるのに力がいりますが、その分気密性は保てそうです。ここからは商品レビューではありませんが、一言お礼を。いつもは、商品に直接ゴムバンドを巻いて止めてあるので、商品が傷ついていることがあります。消耗品ならかまわないのですが、再利用したい容器や贈り物などの場合、擦れて塗装がはげ落ちていたりすると本当にがっかりします。今回、缶の周りにダンボールが巻かれ、そのダンボールにゴムバンドが掛けてありました。おかげで、傷や擦れもなく、凹みもなく、剥げても汚れてもいない綺麗な商品を受け取ることができました。配送の追跡を見ると、発送元が多治見AFC支店となっていました。多治見AFC支店の梱包係の方、商品を大切に扱ってくださって、ありがとうございました。

個包装でしたが、抹茶というより粉末茶でした。缶が魅力的で海外の方へのお土産に良いかと思いましたが、落としたり強い衝撃を与えた訳では無いのにいつのまにか蓋や缶に凹みがあり残念でした。缶がそのまま使えれば、缶を購入したと思い納得したかもしれません。

北斎茶 抹茶 缶入り 2g×8袋画像

北斎茶 抹茶 缶入り 2g×8袋

北斎茶 抹茶 缶入り 2g×8袋はこちら

タイトルとURLをコピーしました