宮崎茶房(無農薬栽培)、香りかおる釜炒り茶(烏龍茶風釜炒り茶)50g、

日本茶

宮崎茶房(無農薬栽培)、香りかおる釜炒り茶(烏龍茶風釜炒り茶)50g、

宮崎茶房(無農薬栽培)、香りかおる釜炒り茶(烏龍茶風釜炒り茶)50g、説明

この商品について名称:香る釜炒り茶、原材料名:微発酵緑茶、原料原産地名:宮崎県五ヶ瀬町産、内容量:50g、製造者:株式会社宮﨑茶房宮崎茶房の茶園の中でも、独特の強い香りを持つ品種「みなみさやか」で作ったウーロン茶風釜炒り茶。 農薬も化学肥料も一切不使用の厳選茶葉を、適度に萎凋させ、茶葉自体から香りを引き出した後、釜炒り茶に仕上げました。 花香のような香気のお茶です。《飲み方》ティーポットに1人分の茶葉(ティースプーン1杯)を入れ、90-95℃のお湯で1分30秒程蒸らしてカップに注いでください。

商品の説明【農家からのメッセージ】 生産者:株式会社 宮崎茶房、生産地:宮崎県五ヶ瀬町、栽培歴:80年以上 ■私たち宮崎茶房は今から80年以上前の昭和の初期に、お茶の種を植えてお茶栽培を始めました。 モットーは「飲んだら元気になるようなお茶作り」です。飲んでくれたお客様が元気になって、心を癒され、美味しく感じ、幸せになってくれるようなお茶作りをしようといつも心がけています。 ぜひ一度ご賞味いただければ幸いです。 ■宮崎茶房のある五ヶ瀬町は宮崎県北部の山間地で、阿蘇・根子岳・久住・祖母山が一望でき、水と空気がとてもおいしい町です。 標高600mの高冷地に茶畑が広がり、朝晩の寒暖差でとても香りの良いお茶が出来ます。標高が高いため害虫の発生が少なく、宮崎茶房では昭和58年から無農薬・無化学肥料栽培を始め、平成13年には有機JASを取得しました。 ■お茶の製法は蒸して作るお茶と違い、全国でも珍しい茶葉を炒って製茶する「釜炒り茶」で、香りが良くすっきりとした味わいに仕上がります。ご飯にも良く合い、普段のみにぴったりのお茶です。 また釜炒り製法を取り入れて、香り高い有機紅茶や烏龍茶、三年番茶などいろいろなお茶作りにも挑戦しています。 ■膨大な草取りの作業や、病害虫で収量が少ない時もありますが、安心・安全なお茶作りのためにみんなで頑張ってお茶栽培に励んでいます。 このような取り組みが評価され、平成14年の全国農林祭では天皇杯を受賞しました。原材料・成分微発酵緑茶使用方法《飲み方》ティーポットに1人分の茶葉(ティースプーン1杯)を入れ、90-95℃のお湯で1分30秒程蒸らしてカップに注いでください。ご注意(免責)>必ずお読みください【発送について】宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町よりゆうメール便にて発送。納期は発送日より土日祝日を除き5日程度です。表示の発送・お届け予定日は目安で、実際と一致しない場合もございますが、何卒ご了承くださいませ。【ゆうメール便について】■配達日時の指定はできません(納期目安、発送日より土日祝日を除き5日程度)■基本郵便受け投函です(例外、入り切らない場合などは不在連絡票対応です)■日曜祝日配達休みです続きを見る

宮崎茶房(無農薬栽培)、香りかおる釜炒り茶(烏龍茶風釜炒り茶)50g、口コミ評価

台湾茶が好きで、台北の問屋まで買いに行くほどだがコロナでしばらくは行けない。調べているうちにこちらにたどり着いた。微発酵緑茶となっているのでもしやと思って飲んでみたら、花の香りのする烏龍茶のようではありませんか。しかも有機栽培。こんなお茶が日本にもあったなんて。

香りの良いお茶です。花のような上品な香りのあるお茶です。釜炒り茶なので一般的な煎茶と比べると微醗酵の烏龍茶に近い香りと味わいです。台湾の高山茶にも似ています。とてもおいしいお茶です。

緑茶ではなく、凍頂烏龍茶の松級として楽しく飲んでいます。マグボトルに5〜6粒入れてお湯を詰めて持ち歩くとお昼時に素晴らしい芳香が味わえます。

以前、高千穂の旅の番組で釜炒り茶のことを知りました。製法が台湾茶に似ていたので試しに購入したところ、台湾茶のような風味と味で美味しかったです。これからもリピしたいと思います。

大好きな台湾の高山茶を懐かしく思い出しました。国産・無農薬栽培でいただけるなんて・・・安心して香ばしい味と香りを楽しんでおります。

宮崎茶房(無農薬栽培)、香りかおる釜炒り茶(烏龍茶風釜炒り茶)50g、はこちら

タイトルとURLをコピーしました