花びらひらくお茶 さくら茶 40g(1袋) ほんぢ園 sm

日本茶

花びらひらくお茶 さくら茶 40g(1袋) ほんぢ園 sm

花びらひらくお茶 さくら茶 40g(1袋) ほんぢ園 sm説明

おもてなしや結納やおめでたい席におすすめです。桜の花びらを塩漬けにしたものです。お湯に入れると花びらがふわっとひらきます。 桜の香りとともに湯がほんのりピンク色に色づいてきます。ご結納、ご婚礼、その他お祝事でもてなす飲み物として知られています。1袋 40g (約18~20個)※結び昆布とセットになったさくら茶もございます→ 縁結びさくら茶 ほんぢ園 で検索●商品規格 名称:さくら塩漬 原材料名:桜(国産)、漬け原材料(食塩、梅酢)、酸味料、みょうばん 内容量:40g(約18~20個) 保存方法:高温、多湿は避け、移り香に注意 賞味期限:製造から約1年 開封後はお早めにお召し上がりください。 製造所:株式会社大阪ぎょくろえん 大阪市天王寺区味原町6番9号 販売者:株式会社ほんぢ園 岡山市北区表町1-9-49

花びらひらくお茶 さくら茶 40g(1袋) ほんぢ園 sm口コミ評価

塩漬けにされた桜の花をお湯で溶いて頂くのですが、塩気と桜の程よい酸味が相まってとても美味しいです。薄いピンク色の桜がカップの中で広がっている様子はとても綺麗で、心が和みます。お客様に出すのも良いと思うのですが、私は最後に花びらは食べてしまうのですがカップに貼り付いてしまい食べにくいので、お客様に出しても見苦しいことになるかも・・・。カップに残してもあまり見た目が良くないですし。原材料は国産の桜と食塩と梅酢のみで添加物は入っていないので安心です。ただ食塩と梅酢はどこのものか記述はないのでちょっと不安。40gと量は少ないので頻繁に飲むとあっという間になくなってしまいそうなのが残念ですが、緑茶やコーヒーなどいつもの味に飽きたときにちょうど良いです。

 桜の蕾が仄かに色づく頃から、咲き、満開、散っていくまでの移ろいの姿を、古の人は、様々な言葉で表現しました。 待つ花、花明かり、花の雲、夜桜、桜月夜、花散る、花吹雪、落花、花筏。 日本人に、これほど愛されている花は、他にはないでしょう。 その「桜の花」を塩漬けにしたもの。 「桜茶」と言うと「結納」を連想しますが、お祝いの席にもいいとあったので、昨年、初釜に使いました。 かなり塩が効いているので、よく水洗いした方がいいです。 でも、汲み出し茶碗に、桜が浮かぶのを見ていると、何故か笑みがこぼれてしまいます。 

ごめんなさい….苦手な味でした。本当に桜の花びらが浮くから凄く綺麗。ちょっと飲んだことがなくて飲んでみたかったから好奇心で買いました。でも苦手な味だったので、私個人の問題で星は2つです。飲める人にとってはかなりいいお茶です。

重量は明記してありましたが、桜の可愛いパッケージのせいか、量的に想像できず、届いた量を見たら思ったより少なくてほかのメーカーさんのものを追加で買いました・・・・。

姪の婚約祝で使用しました。桜の花が湯呑で開いてとても綺麗でお祝いの席にピッタリでした。水洗いの加減が分からず薄くなってしまったので、天然塩を足して出しました。

花びらひらくお茶 さくら茶 40g(1袋) ほんぢ園 smはこちら

タイトルとURLをコピーしました