京都 祇園北川半兵衛 煎茶 葵 250g

日本茶

京都 祇園北川半兵衛 煎茶 葵 250g

京都 祇園北川半兵衛 煎茶 葵 250g説明

煎茶 葵(Aoi) /名称: 煎茶 /原材料名: 緑茶 (国産) /内容量:茶葉 250g /保存方法:移り香にご注意下さい。直射日光、高温多湿を避け、冷暗所に保存してください企業様からご注文、お問い合わせを多数いただいております。来客用、プチギフトとしてもおすすめです。 祇園北川半兵衛オリジナルブレンドの国産煎茶「葵」はスッキリした渋味と旨味、日本の食事にとても合わせやすい煎茶です。 煮出し(お湯出し)でも、冷煎(水出し)でもお楽しみいただけます。<美味しい召し上がり方(1人分)> 【1】温めるためにティーカップにお湯を注ぎ1分ほど待ちます。【2】8gの茶葉と、ティーカップに入れたお湯をティーポットへ入れます。【3】1分待ちます。【4】ティーポットから静かにティーカップへ注ぎ、できあがりです。【ポイント】最後の一滴まで絞り切ると、茶葉のうま味を最大限引き出すことができます。二煎目以降はお湯の温度を少し上げることでより一層うま味を引き出すことができます。煮出し(お湯出し)でも、冷煎(水出し)でもお楽しみいただけます。【ごあいさつ】最高級のお茶の魅力を伝えるため、文久元年創業の宇治茶問屋「北川半兵衛商店」が2018年1月11日、祇園に日本茶カフェ「祇園 北川半兵衛」を構えました。急須で煎れるお茶よりもペットボトルが重宝される近年、和茶は世界から注目され空前のお茶ブームが到来しています。当店では、ゆっくりじっくりと茶葉本来の味わいが体感していただける当店ならではのお茶をご提供いたします。当店出荷の商品は送料無料、贈答用の包装も各種承っております(お買い上げ時にご選択)。雑誌やメディアにも取り上げられた当店が自信をもってお届けする緑茶の魅力をどうぞお楽しみくださいませ。

京都 祇園北川半兵衛 煎茶 葵 250g口コミ評価

いろんな雑誌で特集されていたので、前から気になっていたのですが先日やっと祇園の北川半兵衛カフェに行くことができました。平日の昼間なのに30分程並びやっと入店。そこでいただいたお茶が家で飲んでるものとあまりにも違うので、(並んだ分、余計に美味しいのかもしれませんが・・笑)店員の方にお聞きしたところ持ち帰りはまだやってないとのことでネットで検索し、こちら購入しました。こちらのお煎茶は、口に渋さが残ることもなく、香りが広がってまろやかさを感じる上品な味で、とても飲みやすかったです。そして何より嬉しかったのがいつも私の料理やお茶に口うるさい義母が美味しいと言って飲んでくれました。お茶の色もきれいなので来客用にも使えるなと思い早速リピートした記念に書きこみました♪

ズボラなのでかなり適当に淹れてますがそれでも美味しいです。これぞ緑茶!というお茶で雑味がなくスッキリしてて何杯も飲んでしまいます。夏は冷やしても美味しそう。100gで千円を超えるとさすがにちょっと高いかなと思ってたので値段を考えてもコスパのいいお茶だなって思います。ただ一人暮らしなのでつぎからはワンサイズ小さいものにしようと思います。せっかく美味しいのに先に湿気てしまいそうです泣

同じ銘柄でも当たり外れはあると思いますが自分が購入したロットはお茶の成分がなかなか抽出されず薄くて香りもなくて「コレじゃない!」でした。茶葉を通常の2倍入れて抽出時間も3分くらい置けば色は出ますが番茶とウーロン茶の合いの子みたいな味になってトホホです。蒸しが足りない+熱いまま放置して変な発酵が進んでしまったような印象というか、ぶっちゃけ新人の研修生がテキトーに作業したんじゃないのというお味でした。もしそうなら今後の研鑽に努めてくださいね。

お茶好きの父の誕生日プレゼント用に購入しました。これまで飲んでいたお茶や市販のペットボトルの緑茶には抹茶の粉末が含まれているため、最初にこのお茶を淹れたときには黄色っぽい色に少し驚きましたが、飲んでみると濁りのないクリアなお茶のおいしさをしみじみと味わうことができ、食後のお茶の時間が一層楽しみになりました。250gの袋だとかなりの分量が入っていてお得です。いい買い物をしたと満足しています。

北川半兵衛さんをテレビでやっていたので、一度飲んでみたいと思い注文しました。思った以上に美味しく、香りも気高く、突然の来客や少しゆっくりしたいときに飲んでいます。この品質にしたら、この価格は安いのではないかな、と個人的には思っています。また注文しようと思っています。

京都 祇園北川半兵衛 煎茶 葵 250gはこちら

タイトルとURLをコピーしました