大井川茶園 茶工場のまかない 緑茶 320g

日本茶

大井川茶園 茶工場のまかない 緑茶 320g

大井川茶園 茶工場のまかない 緑茶 320g説明

内容量:320gカロリー:-原材料:茶商品サイズ(幅×奥行×高さ):160×65×260mm

サイズ:1個茶処、静岡牧之原を代表する深蒸し茶です。通常より蒸し時間を長く(2~3倍位)しておりますので、その分茶葉は不揃いになりますが、お茶の抽出性が良くコクと旨みを引き立しています。茶工場で毎日飲まれている飽きのこない味わい深い緑茶です。全国のスーパーマーケット、10000店舗で販売されている人気のある商品です。保存に便利なチャック付スタンドタイプの茶袋を使用しています。

大井川茶園 茶工場のまかない 緑茶 320g口コミ評価

この茶は、青臭さが残るほんとの安物緑茶の感。番茶、ほうじ茶の方がまし。大井川茶園 茶工場自慢の深蒸し掛川茶 徳用 300g1080円を薦める。同じ大井川茶園だ。ほんの少し高いが、雲泥の差がある。この自慢茶は十分に耐えられるおいしさだ。この年になって初めて(今年になって)、お茶のおいしさを知ったのだが、もちろん緑茶と深蒸し茶の違いも知らなかった。深蒸し茶は、日光を浴びやすい平地で栽培するために、渋みの元になるタンニンが多いようだ。(カテキンはタンニンを形成する一部の成分らしい)深蒸しすることで、タンニンを抑えることが出来るようだ。したがって、熱湯で淹れることができる現代人向けのお茶と言えるのでは?緑茶、玉露、かぶせ茶と言われる煎茶より、格が低いためか少し廉価で割安?叔母に高級煎茶をもらってから、お茶が初めておいしいものだと知った71歳。

いままで「JAかごしま茶業 ちらん茶畑午後3時 300g」をずっと愛飲していたのですが、年末に頂いた静岡茶の渋みがたいへん美味しかったので、試しにとこちらを購入してみました。残念ながら僕には合いませんでした。煎じたお茶の色も綺麗な緑というより黄色に近く、安いお茶と高いお茶を混ぜたような味でした。一生懸命お茶を作られている方には申し訳ないのですが、この評価としてレポートさせていただきます。

安くて量があるので数年は愛飲してきました。しかしここ1年ぐらいでしょうか、味が落ちました。1年前は当たり外れがある程度で、まあ安いので当たりを引ければいいかぐらいに考えていましたが、ハズレが続いてこれはもう当たりが無くなってしまったんだと判断しました。その上ハズレだったとしてもまだマシだった味でしたが、それすらも無くなりました。もはや薄っすらと緑茶の甘さが感じられる程度で、あとはもう単なるやや苦いお湯でしかありません。マズくて飲めないというわけではないので今ある分は捨てずに飲み切りますが、もう買いません。安くて量があっても、最低限度の味がしないと、買う気になりません。長い間お世話になりました。

商品名にまかない緑茶とありますが、本当にそのとおりの品質の緑茶です。つまり、高級ブランド茶のようなものではありません。きれいに揃った茶葉を手で揉んで乾燥させて作る高級茶には及びません。ただ、お値段がお値段です。緑茶自体結構な価格なものなので、この量でこの価格ならとても満足のいくものです。普段飲むのにブランド茶というのも勿体ない話ですので、普段飲む緑茶として楽しんでいます。ついでに、香炉で茶葉を使うことがありますが、香炉に使うのに高級ブランドの茶葉を使うのはさすがに勿体ないので、気軽に香炉で楽しむならいい選択肢になります。

今回リピート購入です。多分今後もずっと・・・。日本茶の味は価格に正比例するものですが、このお茶は良い意味で違います。味覚はその人の好みや主観にも影響されるため、多少の意見もあるようですが私は大満足です。コストパフォーマンスがとても良いのでお薦めです。以上

大井川茶園 茶工場のまかない 緑茶 320gはこちら

タイトルとURLをコピーしました