一保堂茶舗 抹茶 幾世の昔40g缶

日本茶

一保堂茶舗 抹茶 幾世の昔40g缶

一保堂茶舗 抹茶 幾世の昔40g缶説明

この商品について内容量:40g原材料:緑茶(国産)商品サイズ(高さx奥行x幅):65.0mm×53.0mm×52.0mm

商品紹介抹茶は、茶筌さえあればご家庭でも気軽に楽しめ、ふくよかな香りとまろやかなうまみが特徴のお茶。「幾世の昔」はほのかな渋みもあり、甘いお菓子との相性も良く、後口をすっきりとさせてくれます。一保堂の抹茶が初めての方にも、まずおすすめしたい銘柄です。・裏千家今日庵鵬雲斎大宗匠御好 ・薄茶におすすめ。・抹茶は静電気の影響で小さな固まり(ダマ)ができやすく、お使いの前に抹茶を茶漉し(抹茶篩)で漉すとダマがほぐれ口当たりよく上手に仕上がります。ご注意(免責)>必ずお読みください開封後は密封保存し、お早めにお召し上がりください。強い香りの近くや高温多湿を避けて保存してください。

一保堂茶舗 抹茶 幾世の昔40g缶口コミ評価

>抹茶は静電気の影響で小さな固まり(ダマ)ができやすく、お使いの前に抹茶を茶漉し(抹茶篩)で漉すとダマがほぐれ口当たりよく上手に仕上がります。とあるけど、他のメーカーの商品と比べてダマがすごい。味も値段ほどかなぁ~。申し訳ないが、う~ん かな。

茶道を習った訳ではありませんので、もっぱら我流で、茶筅と茶碗を使ってたてております。先日「初めの一保堂」をお店で購入した際に付いてきた、金毛の昔と較べると、より柔らか~く、穏やかな甘みと渋みが心地良いです。事務所にも持参して、ああ染井の井戸の水でたてられたらなあ、とか思いつつ、永田町の水道水を浄水器にかけて湧かしたお湯でいただいております。

一保堂さんの「金毛の昔」の20g缶の増量タイプの物。抹茶らしい旨み、渋みがどちらも分かりやすく味わえる銘柄です。・表千家不審菴而妙斎宗匠御好とのこと。蕎麦屋を営んでおり、茶切りそばと、甘味用に使用。色は明るい緑で、お料理に映えます。買って間違いなしです。

この値段で40g。あまり高級品でなくても十分たのしめる。

実は抹茶のことは良く分からないのですが、野点セットを買って、野外で抹茶を頂くとなかなか楽しめます。値段も手ごろで良いと思います。茶室など無くても、自然を茶室と思えばなかなかのものです。

一保堂茶舗 抹茶 幾世の昔40g缶はこちら

タイトルとURLをコピーしました