[2CS] あぶくまの天然水 (1000ml PET×10本)×2箱

[2CS] あぶくまの天然水 (1000ml PET×10本)×2箱

ブランド: あぶくまの天然水

[2CS] あぶくまの天然水 (1000ml PET×10本)×2箱内容

内容量:(1000ml×10本)×2箱【賞味期限】充填から1年◆フード(お米など)とドリンク(お酒・水)とハム工房の商品は、発送元が異なりますので同梱できません。送料は別途かかります。

あぶくまの天然水は、硬度35mg/Lの軟水です。天然のミネラルをたくさん含みながら、歳月をかけて浸透してきた水は、まろやかな舌触りと甘みが特徴です。のど越しもよく大変飲みやすいため、「買ったばかりなのに、すぐ無くなってしまう。」というお客様もいらっしゃいます。飲用水としてはもちろん、緑茶・紅茶・コーヒー・水割りなどにも最適です。また、より美味しいご飯を食べたいお客様へは、この水をお米の炊き水としてご利用されることをお勧めします。 あぶくまの天然水は、美しい自然に囲まれた観光名所「あぶくま洞・入水鍾乳洞」というふたつの鍾乳洞の元となっている『カルスト台地』の石灰岩層を、長い年月をかけ浸透してきた地下水をくみ上げたミネラルウォーターです。浸透までにかかる歳月はおよそ5年ともいわれており、その分たくさんのカルシウム等の天然ミネラル成分をバランスよく含んでいます。福島県田村地域は、豊かな気候風土から日本でも屈指の米どころとして知られる福島県中通り地方の阿武隈高原に位置し、東部の高原特有の丘陵起伏地域、中部北部の中山間地域、西部南部の平坦部とそれぞれの地域で自然の特性をいかした米づくりが盛んに行われています。米づくりに最も大切な時期が、穂の発育期から登熟期にあたる7月中旬~9月中旬。日中は晴れて気温が高く、夜間は低めという寒暖の差の大きさがおいしいお米を作ります。三地域の特徴を生かした品種の作付けによる良食味、高品質米の生産が地域をあげて積極的に行われております。

[2CS] あぶくまの天然水 (1000ml PET×10本)×2箱口コミレビュー

何度もリピートしているミネラルウォーターです。本当に飲み口がよくって、いつでもゴクゴク飲めます。これで、コーヒーや紅茶を入れても美味しいし、お米を炊いても美味しいので、気づくとすぐになくなってしまいます。

 ウィスキー好きなら、是非、水割りを試して欲しい。 いつもの水割りが、一味違いますよ。 福島の阿武隈山脈の一部に、石灰層があり、石灰石の販売が有名ですが、その山麓から採取される水です。 お茶、コーヒーともに、変わります。 星-1は、ラベルに鍾乳洞の写真があるのですが、まるで、通路の脇を流れる水を採取されているみたいで、気持ち悪い。 珍しい水で、美味しいのに、ラベルのデザインで損している。

飲み口が非常によく、クセが全くないミネラルウォーターです。そのスッキリさは、飲んだときに他の水にはないような清涼感を感じるくらいです。知人、友人に勧めて飲んでもらっても、おいしくないという評価はひとつも聞かないどころか、リピーターがたくさんいる様子。一度試してみる価値は十分にあると思います。

[2CS] あぶくまの天然水 (1000ml PET×10本)×2箱画像

-水

[2CS] あぶくまの天然水 (1000ml PET×10本)×2箱はこちら

タイトルとURLをコピーしました