水素珪素天然水VanaH 1.9L×12本

水素珪素天然水VanaH 1.9L×12本

ブランド: VanaH

水素珪素天然水VanaH 1.9L×12本内容

富士山の麓、山梨県富士吉田市にある富士山 国立公園内のVanaH 専用採水井戸から汲み上げられるナチュラルミネラルウォーター『水素珪素天然水VanaH』。保護された自然環境にかこまれ、徹底した衛生管理のもと一本一本、ていねいにボトリングされます。富士山麓の湧水には、高濃度の天然水素、天然バナジウムがたくさん含まれているということで、今大変注目を浴びています。

水素珪素天然水VanaH 1.9L×12本口コミレビュー

細胞生物学の権威、太田教授の検査で水素0ppmと判明されてます。(2013年検査)そもそもペットボトルでは水素はぬけてしまいます。そのむね会社に問い合わせると「特許をとったペットボトルなのです」その特許番号はと訊くと「ガチャン!」消費者庁、国民生活センターなにしているんだ。被害が大きくならないと動かない役所体質に怒り!

水素珪素天然水の真価をそなえている事。健康に最適であること。血液検査の結果からも証明された。自分の健康維持のためには必須の飲み物になった。

主人が飲んでるのですが、無味無臭で、これを飲むと他社の水は苦くて飲めないそうです。少しお高めですが、今後もずっと購入し続ける予定です。

このお水が飲みたいと言っていたので、お母さんにプレゼントしました。喜んでくれてました。

とても気に入ってます。病弱な妻の服薬時、水分補給時に飲んでいます。以前より何か違う感じで、前向きになった様な気がします。続けてみたいと思います。

色々と思うことはありますが、ここでは簡単に書きたいと思います。一つ目は、商標についてです。2013年にこの商品は「天然水素水VanaH」という名前で登録出願しましたが、驚くことに天然水に水素をただ後から加えていたことが分かり、結局認められませんでした。なので、今の商品の名前は見てわかる通り「水素珪素天然水VanaH」です(察してください)。二つ目は、特許についてです。先述通り、この商品は天然水素水ではなく、『水素➕天然水』です。その証拠に、2018年に社長名義で「水素製造方法及び水素製造装置」という名称の特許を取得しています。この商品の根本から揺らぎそうですが、つまりはそういうことです。最後は水素水についてです。他の方も書いていますが、過去に太田教授らが市販されている水素水の水素濃度について調査しました。その結果、この商品は一切の水素を含んでいなかったとのことです(この時点ではまだ「天然水素水」と謳っています)。以上になりますが、他にも国連機関の認証済みだと詐称を行ったり、珪素のことでも突っ込みたいことは多々あります。それを踏まえて星二つをつけたのは、純粋に水が美味しかったのと、ISO認証を取得しているからです。一応富士山から採水しているようですし、濾過処理もしっかりしています。まあ、それを加味しても値段とは比例していませんので二度と買いませんが。商標:商標審決データベースより、管理番号1271170特許:J-PlatPatより、出願番号2016-176818

こんな高価な水は絶対に自分では購入しませんが、たまたま人から頂いたのでレビューしておきます。特徴はボトルが割と頑丈でしっかりしていること、ボトルの口ギリギリまで水が入っていること、味はそれなりに美味しいということでしょうか。感動する程の味ではありませんが、飲み口はやわらかくすっきりとしていて、私はそれなりに美味しいと感じました。もちろん、この値段なら買いませんが…(ちなみに、私がちょっと感動するくらい美味しいと感じた水は『はくすい』(らくのうマザーズ)です。Amazonでは販売されていないようです)。水素云々というのは、自分にとってはどうでも良いです。というか、そういう研究があるのは知っていますが、私は全く信じてないし、ただの水と思ってます。もちろん、信じたい人は信じればいいし、どうでもいいと思う人は信じなければ良いだけのことです。効果なんてない、怪しい、といったレビューが多いですが、そんなのサプリや市販薬の多くにも当てはまるので、何もおかしなことではありません。しかしながら、プラセボ効果というものは間違いなく存在しますので、心から信じて飲む人にとっては何かプラスになるかもしれません。高価であるのも、プラセボ効果を高める可能性があります。そういう意味では、水素水の効果を信じない人たちははわざわざネガティブレビューをして信じている人たちの邪魔をすることもないんじゃないかな(余計なお世話では?)、と思います。

水素珪素天然水VanaH 1.9L×12本画像

-水

水素珪素天然水VanaH 1.9L×12本はこちら

タイトルとURLをコピーしました