道の駅たまかわ こぶしの里 さるなし100%ジュース(小)200ml

道の駅たまかわ こぶしの里 さるなし100%ジュース(小)200ml

こぶしの里

道の駅たまかわ こぶしの里 さるなし100%ジュース(小)200ml内容

この商品について原材料:さるなし商品サイズ(高さx奥行x幅):12cm×4cm×4cm

最悪

道の駅たまかわ こぶしの里 さるなし100%ジュース(小)200ml口コミレビュー

初めて飲んだ時は「うっ!」と思ったが、飲みなれてくると他のさるなしのジュースより美味しく感じ、毎日飲んでます。

身体の調子が良く、肌の調子もとてもよいです。

さるなし、という果実の名前を初めて知りました。写真で見ると一見グリーンキウイのような形ですが、このジュースを飲んで、むしろレモンに近い味とわかりました。私がこれまでに飲んだことがある柑橘系のジュースは、ポンジュースなどの温州みかんベースのジュース、オレンジジュース、グレープフルーツ、ピンクグレープフルーツ、甘夏のジュースといったところです。これらのジュースには酸っぱさと重なる甘さもあります。しかし、このさるなしジュースには、私はほどんど甘さを感じませんでした。グレープフルーツジュースからグレープフルーツの味と若干の甘さを抜いたら、酸っぱさが残る、私にはそんな味に感じました。酸っぱさが後に残りますが、すっきりとした味と言えば言えます。

最近テレビでも放映されて、気にはなっていたのですが、さるなし(100グラムに含まれるビタミンCは140ミリグラム。キウイ(55ミリグラム)の倍以上とのこと/web参照)人気の背景にあるのが、栄養価の高いスーパーフードのブームとのことで、頂いてみた感想です。酸味的には、レモン>さるなし>グレープフルーツ>グリーンキューイーフルーツな感じの、刺激的な若干野性味のある酸っぱさがあります。本品は、ストレートと明記があるので、薄めずこのまま飲むジュースタイプの製品ですが、個人的には、氷と炭酸水で割って飲んだり、レモンがわりに焼酎割にしても、とても美味しく頂けました。ビタミンCが豊富で整腸作用があり、お肌にも良いというようなことも聞きますので、とても良い健康飲料でだと思いますが、幻とも言われるくらい貴重なものということで、ジュースとしては高価な価格帯ですが、健康意識の高い方にお試しいただきたい製品です。

さるなしの果実(コガ、北海道では「コクワ」と言うそうです)は、キウイフルーツを小ぶりにしたような感じで、甘みよりは酸味を強く感じます。本商品は、これをそのまま搾ってジュースにしたものです。飲んでみると結構な酸味。ビタミンCなどの栄養価が高そう。ここは好みが分かれるとは思いますが、「(濃縮還元ではない)100%みかんジュース」などで感じるような濃厚な香りが好きな人にはたまらないと思います。慣れない人は炭酸水と1:1で割ると飲みやすくなると思いますが、自分は慣れるとストレートの方が良かったです。

 グレープフルーツに似た強い酸味がしますが苦味はなく、クリーミーな口当たりながら甘さがないのでドライ。飲む珍味とはまさにこのことです。よく熟した実はサルやクマの大好物で毎年9-10月にかけて大量に食されるとのことですが日本の山奥には知られざる果実があるものです。 飲み方は氷をたっぷり入れたグラスに注ぎ、わずかに溶け出した氷水とともにゆっくり飲む、ウィスキーやブランデーでいう「ロック」が最高です。果実酢代わりに豆乳に混ぜて飲むのもマイルドです。少々良いワインが買えるほどの値段がしますが飲めば頷けます。

底に果肉がちょっと残っています。つぶつぶ感は感じなかったかな。見た目の色がヤクルトみたいなのでそのイメージで飲むと、うゎ酸っぱい!という感じです。私個人としては果汁ジュースもドリンクヨーグルトも強烈に酸っぱいのが好みなので、この味をポンジュースみたいにマイルドにせずキープして欲しいものです(実際酸っぱい系の飲み物はほとんど市場から消えてしまいました)。今時の人達にとってはどうなんでしょう。この果実は希少なんでしょうけど、価格もちょっと高いよね。

道の駅たまかわ こぶしの里 さるなし100%ジュース(小)200ml画像

道の駅たまかわ こぶしの里 さるなし100%ジュース(小)200ml

道の駅たまかわ こぶしの里 さるなし100%ジュース(小)200mlはこちら

タイトルとURLをコピーしました